3626 TIS 東証1 15:00
2,381円
前日比
+2 (+0.08%)
比較される銘柄: SCSKNTTデータユニシス
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
13.7 1.14 1.51 2.20

銘柄ニュース

戻る
2016年08月23日14時38分

TISが続伸、AI(人工知能)を使った対話で共同研究

 TIS<3626>が続伸している。この日、同社および同社が出資するエルブズ(東京都渋谷区)が、はこだて未来大学複雑系知能学科松原研究室と共同で、「マンガからの対話辞書、シナリオ抽出に関する研究」および「AI(人工知能)を使った対話における対話破綻検知に関する研究」に関する研究を開始したと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 今回の共同研究は、AI関連技術の研究で知見・実績を持つ松原研究室と、自然言語処理の研究実績および実装技術を保有しAIとエンタープライズシステムの連携を目指すTIS、社会性エージェント技術を活用した高齢者向けコミュニケーションツールの実用化を目指すエルブズの3者が共同で研究を行い、AIと人間のスムーズな対話の実現を目指すというもの。将来的には、接客やコールセンターなど対話の場面で使える企業向けシステムの開発に生かす方針のようだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

最終更新日:2016年08月23日 14時41分

【関連記事・情報】

日経平均