3622 ネットイヤーグループ 東証M 15:00
714円
前日比
+1 (+0.14%)
比較される銘柄: エイジアフリークアウDACHD
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
3.01 0.46

銘柄ニュース

戻る
2015年11月02日11時37分

ネットイヤーグループ---大規模プロジェクトの進捗で大幅増収増益


ネットイヤーグループ<3622>は10月30日、2016年3月期第2四半期(15年4月-15年9月)決算を発表。売上高は前年同期比13.4%増の36.67億円、営業利益は同59.4%増の2.16億円、経常利益は同56.1%増の2.14億円、四半期純利益は同115.9%増の1.32億円だった。

11月にオープン予定のオムニチャネル関連の大規模プロジェクトが計画通り進捗、大幅に売上が伸長する格好となった。また、自社サービス分野においては、消費者のユーザー体験を可視化するカスタマージャーニーマップを制作する「UX Recipe」をリリースするほか、グループ企業の日本技芸においても、クラウド型グループウェア「rakumo」の拡販が進んだ。

16年3月通期については、売上高が前期比3.6%増の75.00億円、営業利益が同43.6%減の2.50億円、経常利益が同44.1%増の2.50億円、純利益が同102.7%増の1.50億円とする従来予想を据え置いている。

大規模プロジェクトの一巡による取引額の減少、将来の成長に向けた投資の実施などを予定しているとして、下期計画は慎重に見ているもよう。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均