3545 デファクトスタンダード 東証M 15:00
1,390円
前日比
0 (0.00%)
比較される銘柄: シュッピントレファクジェネパ
業績: 今期予想
小売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
21.1 2.01

銘柄ニュース

戻る
2016年08月12日09時55分

【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家株太郎:IPOを始める方々へ


以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「株太郎」氏(サイト:株太郎と愉快な仲間たち)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2016年8月9日22時に執筆

個人投資家の株太郎です。

今回から私も今年から開始したIPOに関しての情報を発信していきたいと考えています。
IPOは当選確率がかなり低いので運の要素も大きいですが、ローリスク/ミドルリターンの
投資初心者の方には始めやすい投資ですので、まだIPOをやっていないけれど興味があるという方は参考程度に読んでみてください。

<<仮条件>>
上場企業の株価の仮条件です。
例)1000円~1500円等
通常、IPO申し込み時は仮条件の上限値で申し込みます(仮条件の上限値が公募価格になることがほとんどのため)。例の場合だと1500円です。

<<BB期間>>
ブックビルディング期間です。この期間に上記仮条件の範囲内で希望する株価と株数を指定してIPOに申し込みを行います。例の場合だと1500円で100株です。

<<公募価格>>
ブックビルディングの需要状況を考慮して決定される上場時の基準株価となります。

<<当選発表日>>
ブックビルディング期間に申し込んだIPOの当選/落選発表日です。

<<購入申込期間>>
IPOに当選した場合、購入申込期間内に購入申請をします。

<<上場日>>
IPO銘柄が上場する日です。この日から市場で売買が行われます。

<<公募株数>>
上場時に新たに発行された株数です。

<<売出株数>>
上場前に株を保持していた株主が上場時に売り出す株数です。

<<合計株数>>
公募株数+売出株数です、これが上場時に市場に出回る株数です。

<<主幹事>>
上場時に中心になる証券会社です、割り当てられる株数も多いです。

<<副幹事>>
主幹事の補佐役です、割り当てられる株数は少ないです。

次回からこれをベースにしてIPO銘柄の情報を発信していきます。
最初はデファクトスタンダード<3545>ですね。

----

執筆者名:株太郎
サイト名:株太郎と愉快な仲間たち

《HK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均