3504 丸八ホールディングス 名証2
  ※名証の株価は現在、提供しておりません
比較される銘柄: クラウディアサカイオーベレナウン
業績: 今期予想
繊維製品
単位 -株
PER PBR 利回り 信用倍率

銘柄ニュース

戻る
2016年06月10日07時55分

丸八ホールディングス---営業人員増を図り、「最高の睡眠」を届ける


 

丸八ホールディングス<3504>は、寝具・リビング用品などの生産・販売・アフターサービスを一貫してお客様へ提供する総合寝具関連企業である。

主力のダイレクトセールスについては、営業人員の不足で売上高は伸び悩んだ。しかし寝具のレンタルやホテル・旅館向けの販売については、法人顧客の需要を積極的に取り込み、業績は好調推移となった。なお、ダイレクトセールスにおいては、寝具以外のリビング用品として、ふとんカバーの刺繍技術を用いたオーダーカーテンの生産・販売並びに畳の販売を開始し、商品ラインナップを拡充するなど、新たな取り組みにも力を入れており、活力が感じられる。

同社の魅力の1つは、リアルとEC(イー・コマース)との融合をコンセプトに立ち上げた、ホームショッピング(おうち de まるはち)である。これはユーザー自身がサイトで選んだ寝具を、自宅へ届けてもらい、実物を見てから購入することができるサービスだ。また、ふとん水洗いクリーニングと羽毛ふとんリフォームの申し込みもできる。50年以上に及ぶ歴史を持ち、face to faceの販売にこだわりを持ちながらも、それだけに縛られない柔軟さの表れであると言えよう。

足元の業績は16年3月期で、売上高が前期比5.8%増の221.47億円。営業利益は採用の伸び悩みを主因として人件費抑制が進んだことで、同95.9%増の21.15億円、経常利益は、同9.3%増の18.82億円となった。

ダイレクトセールスにおける営業人員不足による売上高の伸び悩みのほか、海外向け卸売りで値引き要請があったことなどから、17年3月期の連結業績予想は、売上高が前期比微減の215.76億円と予想している。営業利益については今期の大幅増益と比較して減少見込みとなっているものの、経常利益は前期比3.2%増の19.42億円を見込んでいる。国内市場開拓の余地はまだまだあり、営業人員不足の早期解消により、大きく増収・増益となることが期待される。

《TN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均