3489 フェイスネットワーク 東証M 15:00
983円
前日比
-33 (-3.25%)
比較される銘柄: リーガル不アズ企画設計スターマイカ
業績: 今期予想
不動産業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
4.5 1.61 2.54

銘柄ニュース

戻る

<注目銘柄>=フェイスNW、投資用マンションで成長性の見直し進む

 フェイスネットワーク<3489>は戻り本番の様相を強めており、目先の押し目は逃さず捉えたい。3月16日に東証マザーズに新規上場した直近IPO銘柄で、現時点では初値がほぼ天井となっているが、成長期待は強く見直し買いが本格化してきた。

 一棟売りの投資用マンションを手掛け、東京都城南3区(世田谷区・目黒区・渋谷区)に特化した企画・開発・販売を行っている。土地仕入れから設計、施工、賃貸募集、物件管理、販売までワンストップサービスで対応、ここ数年来、売上高は目を見張る勢いで伸びている。創作支援型も特徴のひとつで、例えば一階を保育施設やレコーディングスタジオなど、それぞれ独自の設計ができるのは強みだ。

 19年3月期は前期比29%増収の180億円、43%経常増益の15億円見通しと好調だ。PER10倍台は株価指標面からも割安感がある。(銀)

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均