3461 パルマ 東証M 14:53
1,301円
前日比
+16 (+1.25%)
比較される銘柄: ディアライフエリアリンクデュアルT
業績: 今期予想
不動産業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
15.0 2.55

銘柄ニュース

戻る
2016年03月08日07時51分

ディア・ライフ--- 都市型マンションの開発が主力


ディア・ライフ<3245>は、東京都23区内の好立地をメインターゲットにマンション等の不動産開発や収益不動産の投資運用を行うリアルエステート事業、不動産業界を中心に営業現場のアシスト要員やバックオフィス系業務の人材派遣・紹介を行うセールスプロモーション事業を展開している。連結子会社には、セルフストレージ(トランクルーム)の賃料滞納保証付ビジネス・プロセス・アウトソーシングサービス事業が主力であり、昨年8月にIPOしたパルマ<3461>がある。

足元の業績では、2016年9月期第1四半期(15年10月~12月)決算は、売上高が前年同期比141.6%増の13.46億円、営業利益が同740.8%増の2.7億円、経常利益が同686.2%増の2.78億円、四半期純利益が同1038.3%増の1.88億円だった。都市型マンションをはじめとした物件の売却が好調に推移した。

2016年9月期通期については、売上高が前期比20.3%増の93.24億円、営業利益が同9.0%増の17億円、経常利益が同4.4%増の16億円、純利益が同18%減の10.02億円を見込んでいる。好調な不動産市況を追い風に、都市型マンションの開発・供給が拡大する見通し。

また同社は、2月12日に拡大する観光需要・宿泊需要に対応すべく、宿泊型マンション開発事業への取り組みを発表。訪日外国人向けランドオペレーターの(株)フリープラス、ホームシェア関連サービスの(株)SQUEEZE、サービスアパートメント・ホテル事業を展開する(株)デュープレックス・ギャザリングの3社との基本業務提携を締結しており、物件の開発から運営管理にいたるワンストップなサービス体制を構築し、民泊関連業務へ参入する。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均