3457 ハウスドゥ 東証M 15:00
1,387円
前日比
-42 (-2.94%)
比較される銘柄: アズマハウスアンビションスターツ
業績: 今期予想
不動産業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
16.4 5.40 1.23 2,443

銘柄ニュース

戻る
2016年08月16日13時10分

ハウスドゥ---16.6期売上高18.5%増、販売用不動産在庫の販売が順調


ハウスドゥ<3457>は12日、2016年6月期(15年7月-16年6月)決算を発表。売上高が前期比18.5%増の172.75億円、営業利益が同107.0%増の12.77億円、経常利益が同130.4%増の11.82億円、当期純利益が同109.9%増の7.41億円だった。

セグメント別では、フランチャイズ事業の売上高は前期比26.1%増の18.05億円、セグメント利益は同33.6%増の11.10億円だった。都市部の不動産業者への加盟促進とテレビ・ラジオCM等による広告宣伝効果などにより、新規加盟契約数は119件、累計加盟契約数は377件数となった。不動産事業の売上高は同36.7%増の100.74億円、セグメント利益は同85.2%増の8.93億円だった。販売用不動産在庫の販売などが順調だったほか、直営店エリアの仕入れ担当を増員し、仕入れ・販売を強化したことが奏功した。

17年6月期通期については、売上高が前期比5.5%減の163.22億円、営業利益が同2.3%減の12.47億円、経常利益が同6.9%減の11.00億円、当期純利益が同3.5%減の7.15億円を見込んでいる。ストック型収益事業のフランチャイズ事業、ハウス・リースバック事業の伸長に経営資源を集中するほか、人的資源をフランチャイズ事業とハウス・リースバック事業に注ぐ見通し。

《TN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均