3441 山王 JQ 15:00
1,205円
前日比
-13 (-1.07%)
比較される銘柄: サンコールオーネックス丸順
業績: 今期予想
金属製品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
222 1.08 322

銘柄ニュース

戻る
2017年01月18日11時47分

<動意株・18日>(前引け)=山王、日本ファルコム、平田機工

 山王<3441>=4日連続のストップ高でカイ気配。引き続き12日の取引終了後に発表した、東京工業大学と共同で研究・開発を行い発明した「金属複合水素透過膜とその製造方法」について特許を取得したことが材料視されているようだ。この発表を受けて株価は人気化し、13日から3日連続でストップ高配分を記録。これを受けて東京証券取引所ではこの日から値幅制限を300円に拡大したが、なおも買いを集め、ストップ高水準での1190円カイ気配となっている。

 日本ファルコム<3723>=一時ストップ高し、昨年来高値更新。同社はきょう、都市型神話アクションRPGのプレイステーション・ヴィータ向け「東京ザナドゥ」英語版を今夏に、プレイステーション4向け「東京ザナドゥeX+(エクスプラス)」英語版を今秋に、北米および欧州で発売すると発表。業績への寄与などが期待されているようだ。

 平田機工<6258>=6連騰。同社は17日、自動車関連生産設備の大型案件を複数受注したと発表。これが材料視されているようだ。同社は第2四半期(7~9月)から電気自動車関連生産設備を受注しており、第3四半期までの累計受注額は110億円超になったとしている。また、第4四半期には北米自動車メーカーから約30億円のトランスミッション関連の生産設備を受注したことも明らかにした。なお、業績への影響は、一部の案件について今期予想に織り込んでいるとしている一方、その他は来期以降の業績に寄与することを見込んでいる。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均