3407 旭化成 東証1 15:00
1,065.0円
前日比
+2.5 (+0.24%)
比較される銘柄: 三菱ケミHDクラレ住友化
業績: 今期予想
化学
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
15.0 1.46 1.88 0.51

銘柄ニュース

戻る
2016年03月01日14時19分

米系大手証券、総合化学は売られ過ぎ、石化事業は好調で割安感が強いと評価

 モルガン・スタンレーMUFG証券の総合化学セクターのリポートでは、原油1バレル=50~60ドル、為替1ドル=100円への急騰がないようなら堅調な業績が続くと指摘。全体的に売られ過ぎとの見方で、石化事業の好調や割安感が強いことから、「アトラクティブ」のスタンスを継続。

 個別では、三菱ケミカルホールディングス<4188>>三井化学<4183>>住友化学<4005>>旭化成<3407>>東ソー<4042>の順に選好している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均