3394 NVC 東証2 15:00
3,765円
前日比
+50 (+1.35%)
比較される銘柄: テリロジー扶桑電通理経
業績: 今期予想
卸売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
13.1 7.49

銘柄ニュース

戻る
2015年12月30日13時36分

サイバーセキュリティー関連が買われる、マイナンバー始動目前、伊勢志摩サミットも意識

 ラック<3857>、セキュアヴェイル<3042>、FFRI<3692>、ネットワークバリューコンポネンツ<3394>、デジタルアーツ<2326>などサイバーセキュリティー関連が買いを集めている。年明けから行政への申請などのサービスが開始されるマイナンバー制度に絡み、セキュリティー分野の対応が改めて重視される。また、来年は三重県の伊勢志摩で主要国首脳会議(サミット)が開催されることもあって、安全保障の観点からもサイバーテロへの対応は焦眉の課題となっており、関連銘柄の株価を刺激している。 

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均