3382 セブン&アイ 東証1 15:00
4,739円
前日比
-10 (-0.21%)
比較される銘柄: イオンユニファミマローソン
業績: 今期予想
小売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
23.7 1.79 1.90 0.43

銘柄ニュース

戻る
2016年03月09日09時18分

7&iHDが4日ぶり反発、構造改革期待で切り返しへ

 セブン&アイ・ホールディングス<3382>が4日ぶり反発。不採算事業の撤退を進めるなか、グループの祖業であるイトーヨーカ堂の20店舗を2017年2月までに閉鎖する方針。総合スーパー事業の苦戦が浮き彫りとなっているが、足もとは構造改革へ本腰を入れる姿勢が見直し買いにつながっている。16年2月期にイトーヨーカ堂の営業損益は1972年創業以来初の赤字に転落したもようだが、株価は底値圏で既に織り込み済みといえる。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均