3236 プロパスト JQ 15:00
229円
前日比
-1 (-0.43%)
比較される銘柄: 大京ランドエストラスト
業績: 今期予想
不動産業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
13.6 3.27 0.87
決算発表予定日  2017/01/16

銘柄ニュース

戻る
2016年01月15日07時31分

前日に動いた銘柄 part2:理経、ベステラなど


銘柄名<コード>⇒1月14日終値⇒前日比

アイスタイル<3660> 1773 -128
25日線割れ以降は手仕舞い売りが優勢か。

ジェイアイエヌ<3046> 4135 -350
第1四半期の最終損益は大幅減益となり。

スズケン<9987> 3950 -335
バークレイズ証券では「アンダーW」に格下げへ。

フルキャスト<4848> 649 -39
節目の700円レベルも下回り。

星光PMC<4963> 1228 -111
セルロースナノファイバーの特集番組通過後は処分売り。

三菱UFJ<8306> 683.0 -17.0
フィリピン大手銀に出資との報道も地合い悪化で。

三菱重<7011> 474.5 -20.9
住友商事の特損でプラントメーカーにはプロジェクトリスク懸念も。

商船三井<9104> 261 -7
バルチック指数の400割れなどもマイナス視へ。

住友商事<8053> 1123.5 -68.5
ニッケル市況の下落に伴い減損損失の発生を発表。

野村HLDG<8604> 623.7 -8.8
日経平均の大幅反落など株式市場の低迷を懸念。

三井物<8031> 1315.0 -44.0
住友商事の減損発表で総合商社には警戒感も。

村田製<6981> 14485 -825
地合い悪化ですかさず戻り売りも。

ドコモ<9437> 2440.5 -4.5
複数で投資判断格上げの動きは観測されるが。

KDDI<9433> 2871.0 -85.0
JPモルガン証券では「アンダーウェイト」に格下げ。

理経<8226> 271 +42
豊富なテーマ性に関心が続く。

ベステラ<1433> 7600 +610
初配実施や新サービス開始を発表。

ドーン<2303> 3555 +425
テーマ株として人気根強く5日線水準から切り返し。

SJI<2315> 121 +30
3日連続のストップ高で約2年1ヶ月ぶりに100円台回復。

プロパスト<3236> 325 -22
信用規制実施も重しとなり利益確定売りが続く。

BEENOS<3328> 1774 +119
引き続きインド投資先の資金調達を材料視。

ホットリンク<3680> 602 -6
Oak<3113>や米セールスフォースを割当先として増資。

リアルワールド<3691> 3300 -310
フィンテック関連の一角は直近の急伸に対する反動も。

ジグソー<3914> 4780 -290
株式分割の効力発生もあり処分売りが続く。

レイ<4317> 446 +80
第3四半期の好決算で通期業績の上振れ期待も。

アイサンテクノ<4667> 6830 -790
サポートとして意識されていた25日線を割り込む。

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均