3195 ジェネレーションパス 東証M 15:00
402円
前日比
-3 (-0.74%)
比較される銘柄: Hameeロコンドアイケイ
業績: 今期予想
小売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
40.7 2.26

銘柄ニュース

戻る
2017年01月24日16時00分

ジェネパ Research Memo(3):無借金経営で財務は極めて安定的


■2016年10月期決算状況

(2)財務状況

財務状況は良好である。

ジェネレーションパス<3195>の2016年10月期末の自己資本比率は71.0%であり、過去から蓄積した内部留保が手厚い。現預金残高も一定水準あり、財務面ではまったく問題ない。売掛金と棚卸資産が前期末比で計4億円ほど増加し、キャッシュ・フロー上でのマイナス要因になっているが、基本的には売上拡大に伴うものであり、特に問題ではない。また、2016年5月に株式分割(1株→4株)を行い、株式流動性向上を図ったことで、将来の1部上場への準備と積極的なM&A投資のための資金調達を図っているものと考えられる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 山田 秀樹)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均