貸借
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)と売建(信用売り)の両方ができる銘柄
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
シュッピンの【株価予想】を見る

3179シュッピン

東証1
1,021円
前日比
+32
+3.24%
比較される銘柄
BEENOS, 
ベガコーポ, 
ジェネパ
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
15.7 5.11 1.76 4.19
時価総額 245億円

銘柄ニュース

戻る

シュッピン Research Memo(8):22年3月期の業績は、引き続きEC売上の伸びにより、増収増益を見込む


■業績予想

● 2022年3月期の業績予想
2022年3月期の業績予想についてシュッピン<3179>は、売上高を前期比12.6%増の38,230百万円、営業利益を同14.7%増の1,849百万円、経常利益を同12.4%増の1,825百万円、当期純利益を同16.3%増の1,241百万円と増収増益を見込んでいる。

売上高は、引き続きEC売上を軸としてすべての事業が伸長する想定であるが、とりわけ戦略的商品在庫の積み上げにより「時計事業」を大きく伸ばす計画である。一方、店舗売上については緩やかな回復にとどまる見通しとしている。

一方、利益面では、事業ごとに売上総利益率の改善に努めるものの、商品ミックスの変化(時計事業の構成比の高まり)により売上総利益率全体では9pt悪化する見通し。ただ、販管費率は1pt改善することから、営業益率は4.8%と横ばいを維持し、増収効果と合わせて2ケタの営業増益を実現する想定となっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)

《ST》

 提供:フィスコ

日経平均