3179 シュッピン 東証1 15:00
1,301円
前日比
+5 (+0.39%)
比較される銘柄: デファクトGDOBEENOS
業績: 今期予想
小売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
21.5 5.24 0.54 6.34

銘柄ニュース

戻る
2016年06月10日12時16分

【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家ゆりぴょん氏:「もったいない精神」で注目の銘柄!


以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家ゆりぴょん氏(ブログ「お気楽主婦の株とアフィリエイトで生活!」を運営)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2016年6月9日11時に執筆

こんにちは!フィスコソーシャルレポーターのゆりぴょんです。

最近、若年層を中心に消費者のリサイクル志向が高まっているとの話を耳にしました。昔から日本では「物は使い捨てにするな!大切にしよう!」という教育がされてきたといいます。

そのため「もったいない」という言葉がありますが、これは日本語独自の言葉で、他の国の言葉には訳せないそうです。今は物があふれている豊かな時代ですが、そんな今でも日本人の「もったいない精神」は根強く残っていると思います。

そんな「もったいない精神」から生まれたのがリユース産業なのでしょう。

テーマ株としては最近あまり話題に上らないリユース関連銘柄ですが、ここでちょっと見直してみてもいいかなと思い、今日は記事にしてみました。というわけで、リユース銘柄と言われるメジャーな企業をいくつかご紹介します。

◆ハードオフコーポレーション<2674>
総合リユース業、PC、音響、家電、衣料、家具、カー用品、酒類の8業態を扱う。

◆コメ兵<2780>
中古品8割。新品販売も。衣類、時計、バッグ、ジュエリーなどブランド品が中心。

◆トレジャーファクトリー<3093>
家電、家具、雑貨等の総合リサイクル店。

◆シュッピン<3179>
カメラ、時計、筆記用具、ロードバイクの新品と中古品をインターネットと店舗で販売。

◆買取王国<3181>
古着、おもちゃの買取、販売が主体。東海地方を中心に展開。

◆ゲオホールディングス<2681>
総合リユースショップと衣料服飾専門リユースショップを運営。

ゲオは大手のレンタルショップとして有名な企業であり、リユース銘柄と検索してもあまり出てこないのですが、実はリユース業界の最大手の1つでもあります。3月と9月の株主優待でもリユース割引券2000円分が選べるようになりました。

景気の伸びが悪くなれば、もっと物を大切にしようという気持ちが大きくなり、新品よりリユース品で十分!という考えの方が今後も増えるかもしれませんね。

----

執筆者名:ゆりぴょん
ブログ名:お気楽主婦の株とアフィリエイトで生活!

《WA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均