株価20分ディレイ → リアルタイムに変更 イデアインタの【株価予想】【業績予想】を見る

3140イデアインタ

JQG
804円
前日比
-9
-1.11%
比較される銘柄
CBGM
カッシーナ
ドウシシャ
業績
今期予想
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
46.1 2.84 0.50 1.73

銘柄ニュース

戻る

イデアインターナショナル---2Qは売上高が73.99億円、自社商品ブランドの売上が好調に推移


イデアインターナショナル<3140>は13日、2019年6月期第2四半期(2018年7-12月)連結決算を発表した。売上高が73.99億円、営業利益が2.96億円、経常利益が1.58億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が0.59億円となった。2018年4月27日にシカタの全株式の取得を完了し、同社およびその子会社であるSHICATA SINGAPORE Pte.Ltdを子会社化し、前第4四半期累計期間から連結決算に移行したことにより、対前年同期増減率については開示していない。

住関連ライフスタイル商品製造卸売事業の売上高は48.31億円、営業利益は7.04億円となった。ホットプレート等のキッチン家電を中心としたインテリア商品ブランド「ブルーノ」等自社商品ブランドが好調に推移したことに加え、シカタのバッグ商品のOEM販売の売上が加わった。

住関連ライフスタイル商品小売事業の売上高は25.64億円、営業利益は1.48億円となった。当期に新たに4店舗を出店したこと、また広告や販売促進など販売強化を進めているEコマースの売上が前年同期を大きく上回ったことに加え、シカタの小売売上が加わった。

デザイン事業の売上高は0.04億円、営業利益は0.04億円となった。

2019年6月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比55.3%増の140.00億円、営業利益が同47.8%増の6.20億円、経常利益が同36.3%増の4.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同15.7%減の2.50億円とする期初計画を据え置いている。

《MH》

 提供:フィスコ

日経平均