3116 トヨタ紡織 東証1 15:00
2,600円
前日比
-9 (-0.34%)
比較される銘柄: トヨタデンソー豊田織
業績: 今期予想
輸送用機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
13.4 2.53 1.62 1.13

銘柄ニュース

戻る
2016年03月09日07時32分

前日に動いた銘柄 part1:マネパG、WSCOPEなど


銘柄名<コード>⇒3月8日終値⇒前日比

マネーパートナーズ<8732> 1132 +150
取引規制強化で売り先行も引けにかけては買い戻し優勢に。

HUG<3676> 2243 +265
ドローン活用したデータ収集サービス全国展開と。

広島ガス<9535> 376 +13
公募価格の決定期間入りで。

VOYAGE<3688> 1419 +48
モバイルアプリ向けのマーケティングツール提供会社出資で前日から上昇。

西尾レント<9699> 2388 -175
スカイリーチ社の子会社化を発表しているが。

トクヤマ<4043> 167 -10
180円レベルの節目まで到達で。

CKD<6407> 874 -45
みずほ証券では目標株価を引き下げ。

エムアップ<3661> 614 -30
LINE関連として7日に急騰の反動。

サンデンHLDG<6444> 359 +47
増配発表で利回り妙味なども高まる。

WSCOPE<6619> 4190 +320
LG化学の車用電池増収計画報道を材料視。

星光PMC<4963> 1164 +98
セルロースナノファイバー関連としてのテーマ性蒸し返しか。

Nフィールド<6077> 1273 +88
足元ではインベスコの大量保有が伝わっている。

デンカ<4061> 431 +19
自社株買いの実施発表を好材料視。

ピジョン<7956> 2767 +143
7日発表の決算は下振れもアク抜け感先行へ。

ファナック<6954> 18195 +365
中国関連として見直しの動きが向かうか。

コマツ<6301> 1958.5 +40.5
引き続き中国の景気刺激策などを期待で。

ソフトバンクG<9984> 5851 +97
国内と海外を統括する中間持ち株会社を設置へと伝わる。

三井物産<8031> 1456.0 +6.0
資源価格の上昇などは支援材料につながる。

ローム<6963> 5180 +40
BNPパリバ証券では買い推奨を継続。

エスケイジャパン<7608> 404 -43
特に目立った材料も観測されず需給面が影響。

タカタ<7312> 566 -43
7日は上ひげ残して買戻しにも一巡感。

サイバネット<4312> 804 -68
テーマ物色鎮静化か、需給主導の展開が続く。

豊田合成<7282> 2093 -161
三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断を格下げ。

リブセンス<6054> 418 -28
7日に目立つ上昇となった反動安も。

GMOペイメント<3769> 6630 -260
テーマ物色の動き鎮静化で利食い売りの勢いが強まる格好に。

トヨタ紡織<3116> 1808 -97
三菱UFJモルガン・スタンレー証券では目標株価を引き下げ。

ネクスト<2120> 1154 -31
先週中盤にかけて上昇した反動も。

東芝<6502> 208.3 -15.7
みずほ証券では目標株価190円に下げ。

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均