3048 ビックカメラ 東証1 15:00
1,043円
前日比
+18 (+1.76%)
比較される銘柄: エディオンヤマダ電ベスト電
業績: 今期予想
小売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
15.2 1.76 1.15 1.83

銘柄ニュース

戻る
2015年09月18日14時16分

国内大手証券では「インバウンド関連の買い戻しを探る局面」とビックカメラなどを紹介

 9月16日に日本政府観光局が8月の訪日外国人数を発表した。8月としては過去最高の181万7000人となったものの、前月比では10万1000人減少しており、インバウンド関連銘柄が下落する局面があった。
 大和証券ではインバウンド関連銘柄は堅調に業績が推移するとみて、「インバウンド関連の買い戻しを探る局面」とリポートで取り上げている。目先のマーケットは米国による利上げが焦点となっていたために、良い物でも買い手控えが起きているマーケット環境。こうした最中に「買い戻しを探る局面」と強気な意見は投資家に好まれる。
 リポートでは具体的に、ビックカメラ<3048>、良品計画<7453>、マツモトキヨシホールディングス<3088>、森永製菓<2201>、明治ホールディングス<2269>、コーセー<4922>など6銘柄の他、合計27銘柄をリストアップしている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均