3041 ビューティ花壇 東証2 13:49
272円
前日比
0 (0.00%)
比較される銘柄: アートG大田花き太洋物産
業績: 今期予想
卸売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
14.7 2.37 2.04 25.00

銘柄ニュース

戻る
2015年10月21日16時15分

ビューティ花壇 Research Memo(9):2016年6月期は生花卸売事業が業績の伸びをけん引する見込み


■2016年6月期の業績予想

新中期経営計画の初年度である2016年6月期の業績予想についてビューティ花壇<3041>は、売上高を前期比4.8%減の6,300百万円、営業利益を同50.0%増の170百万円、経常利益を同77.7%増の150百万円、純利益を80百万円(前期は89百万円の純損失)と見込んでいる。「土木・建設事業」からの撤退により減収となるものの、各事業はそれぞれ伸長する見通しとなっている。特に、生花卸売事業が前期に連結化したマイ・サクセスとのシナジー創出等により業績の伸びをけん引する想定となっているようだ。

また、損益面でも、グループシナジーの創出等による原価低減やコスト削減に加えて、採算性の低い「土木・建設事業」からの撤退などにより営業利益率は2.7%(前期は1.7%)に改善する見通しである。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均