3038 神戸物産 東証1 15:00
3,010円
前日比
+20 (+0.67%)
比較される銘柄: 丸紅トーホー住友商
業績: 今期予想
卸売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
37.5 5.14 1.33 682
決算発表予定日  2016/12/15

銘柄ニュース

戻る
2016年03月18日07時36分

前日に動いた銘柄 part1:マネーパートナーズ、東芝など


銘柄名<コード>⇒3月17日終値⇒前日比

井関農機<6310> 225 +12
ICTによるスマート農業への振興策期待とも。

PALTAC<8283> 2072 +89
リバウンドの流れ継続で買い先行。

神戸物産<3038> 3040 +120
引き続き第1四半期の大幅増益決算を評価。

宝HD<2531> 882 +32
年間配当金の引き上げを一昨日に発表。

東映<9605> 910 +32
大和住銀投信投資顧問の大量保有が明らかに。

ベクトル<6058> 2626 -274
子会社上場承認やフェアバリュー引き上げなどで堅調推移だったが。

テクマトリックス<3762> 1798 -163
年初来高値更新で目先の達成感も。

リンク&モチ<2170> 145 -13
自社株買い発表後の急伸で過熱感も。

東芝<6502> 191.8 -16.6
米当局が原発子会社の減損隠しで調査と。

GCAサヴィアン<2174> 1078 -62
2月の高値更新後は上値も重くなり。

ディップ<2379> 2566 -130
リバウンド一巡感から戻り売りが優勢にも。

DMG森精機<6141> 1049 -51
前日にはクレディ・スイス証券が目標株価を引き下げ。

オークマ<6103> 792 -35
三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断を格下げ。

リョービ<5851> 451 +48
業績上方修正・増配を発表している。

マネーパートナーズ<8732> 848 +124
フィンテック関連としてのテーマ物色が再燃。

アウトソーシング<2427> 3580 +270
3500円超レベルの上値抵抗線も突破して。

さくらインタ<3778> 1443 +18
UEIと業務提携でディープラーニングクラウドASP事業を開始。

アスクル<2678> 4285 +220
第3四半期は市場想定上振れ、通期予想も上方修正。

ジェイコム<2462> 2546 +50
高値更新中で買戻しなども優勢の展開に。

日本コンベヤ<6375> 175 +6
連日での上値追い、特に目立った背景は観測されないが。

三菱化工機<6331> 257 +12
前日伝わった水素ステーション増加目標なども材料視か。

アドバンテスト<6857> 1132 +28
昨年後半以降の高値水準を突破して。

カカクコム<2371> 2270 +50
年度末接近で好ファンダメンタルズの見直し続くか。

百五銀行<8368> 436 +14
本日は銀行株も見直しの動きが優勢に。

FPG<7148> 1302 +33
良好なファンダメンタルズを評価して上値追いが続く。

国際帝石<1605> 930.8 +21.8
原油市況は6%近い上昇となっており。

ツルハHD<3391> 11240 +450
大和証券では目標株価12000円に上げ。

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均