3031 ラクーン 東証1 15:00
444円
前日比
-3 (-0.67%)
比較される銘柄: GMOエイジアDガレージ
業績: 今期予想
卸売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
31.2 4.33 3.20
決算New!  2016/11/29 発表

銘柄ニュース

戻る
2016年03月02日11時40分

ラクーンが3日ぶり反発、越境ECサービスで安価な日本郵便の航空便と船便を導入

 ラクーン<3031>が3日ぶりに反発している。この日は、午前11時ごろに同社が運営する卸・仕入れサイト「スーパーデリバリー」が、越境ECの輸出販売サービス「SD export」の新たな海外輸送の手段として、日本郵便の航空便と船便を導入したと発表。送料が抑えられることで、海外小売店からの注文増を期待した買いが入っている。

 「SD export」は、国内のメーカーと海外の小売店が取引できる卸・仕入れサイトで、メーカーは日本国内にあるスーパーデリバリー倉庫に商品を発送するだけで、世界134カ国の海外の小売店や企業に対して手軽で安全に取引することができる。これまで、海外輸送の手段として、EMS(国際スピード郵便)とDHLの2種類があったが、より安価に利用できる日本郵便の航空便と船便を追加したという。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均