2928 RIZAPグループ 札証A
-円
前日比
(-%)
比較される銘柄: 東祥コシダカHDセントラルS
業績: 今期予想
サービス業
単位 -株
PER PBR 利回り 信用倍率
0.0 0.00

銘柄ニュース

戻る
2015年10月30日09時25分

健康CP--- SBIとの多角的な提携によりRIZAPの大幅な顧客基盤拡大を想定


健康コーポレーション<2928>は10月29日、SBIホールディングス<8473>との業務提携を発表した。具体的には(1)新ヘルスケアサービスの共同開発、(2)SBIグループ顧客基盤からの送客、(3)バイオ関連事業領域での業務提携?となる。

(1)新ヘルスケアサービスの共同開発では、SBIホールディングスのグループ企業であるSBIウェルネスバンクの会員制健康管理サービスと連携した人間ドックとRIZAPとを組み合わせたプログラムを今期中に開発するなど、両社でなければできない斬新なサービスや商品開発を実現する方針。

(2)SBIグループ顧客基盤からの送客では、健康コーポレーションの子会社RIZAPが、SBIグループの1800万人超の顧客基盤、特に多数の富裕層顧客に対して、直接的かつ効率的にアプローチを行うことが今期から可能となる。この連携によりRIZAPは大幅な顧客基盤の拡大につながることが想定され、広告に頼らない集客といった意味でも利益率の向上が期待される。

(3)バイオ関連事業領域での業務提携においては、SBIグループが生命の根源物質である希少な成分として推進している「ALA」を活用した個人向けの商品を開発・販売を行う。健康コーポレーションが通販事業で培った商品開発力やRIZAPでのマーケティング力を最大限活かし、数年後に数百億円以上の市場を作り上げる計画だ。

なお、同社株は10月初めに25日移動平均線を突破後、堅調な値動きを見せている。29日に、25日移動平均線が75日移動平均線を上抜くゴールデン・クロスを形成し、テクニカル妙味も高まるなかでの本提携発表により26週線を捉え700円を回復した。好業績や積極的な事業展開への再評価が足元の株価を押し上げているものの、同社の成長性を考えればPER30倍割れの水準はまだまだ割安と捉える見方も多く、5月の上場来高値1085円を再び目指す展開が期待されている。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均