2815 アリアケジャパン 東証1 15:00
5,710円
前日比
-50 (-0.87%)
比較される銘柄: 焼津水化ダイショー佐藤食品
業績: 今期予想
食料品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
27.6 3.07 1.05 4.72

銘柄ニュース

戻る
2015年11月13日15時03分

アリアケが続急伸し権利落ち修正後では最高値、経常利益前年同期比41.0%増など業容拡大を引き続き買う

 アリアケジャパン<2815>が続急伸。11日前場中に発表した今2016年3月期上期連結決算が大幅増収増益となり、経常利益は前年同期比41.0%増の43.2億円と大幅増益で着地し、通期計画86.5億円に対する進捗率が5年平均の38.7%を上回る49.9%に達したことを見直す買いが続いたもよう。5950円と3日連続で年初来高値を更新し、2001年9月株式分割落ち後の高値となった。

 同社は畜産系天然調味料トップであり、現在ではあらゆるカテゴリーの天然系総合調味料メーカーとなり、日本の「味」を加工食品メーカーや外食産業、中食産業(主にコンビニ)がり、欧米からアジアでも売上拡大が続いている。昨年秋には創業来初めて値上げを実施しており、前期第4四半期から売上高伸び率が上昇している。上期では、本体売上高が前年同期比12.9%増の166.7億円と伸びたが、国内と海外連結子会社合計では43%増の53.9億円と大幅に伸びた。営業利益では、本社が同74.7%増の32.1億円、海外など連結子会社合計では3.1倍増の39.9億円と大幅増となった。
(執筆者:熱田和雄 ストック・データバンク)

日経平均