2810 ハウス食品グループ本社 東証1 11:29
3,645円
前日比
+20 (+0.55%)
比較される銘柄: 味の素ニチレイエスビー
業績: 今期予想
食料品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
43.5 1.51 0.99 0.71

銘柄ニュース

戻る
2017年03月03日12時30分

株主優待の季節がやってきた、SMBC日興証券(花田浩菜)


こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

株主優待が注目される時期となりましたね。毎年3月は株主優待を実施する企業が集中していますので、該当銘柄の物色が目立ちます。3/3付けの「Daily Outlook」に、関連記事が掲載されていましたので、ご紹介します。

まず同レポートでは、足元の相場について『日本株市場は、大統領の議会演説を不透明要因と捉え、大型株を中心に足踏み状態にあったが、イベントの通過で再びリスクオンへ向け歩を進めた。ただし、今後も、米国での政策の具体化や、欧州での選挙などのイベントが控えており、様子見となる場面はあるだろう。(中略)イベントを巡る雑多なざわめきは耳にとどめるものの、着実に高まる景気や企業業績好転の足音にこそ耳を傾けたい』と伝えています。

続けて、『3月は1年間で最も多くの企業が株主優待を実施しており、対象企業数は年間の株主優待実施企業数(延べ)のおよそ42%にものぼる。「株主優待」は保有する株数や期間などに応じて企業が独自に自社製品やサービスなどを還元する株主への特典であり、海外ではあまり見られない日本特有の制度だ。身の回りで良く利用する製品・サービスの株主優待を実施している企業を探し、株主になって特典を享受することは、株式投資の分かり易い楽しみ方の一つといえよう』との見解を述べています。

同レポートでは、日清オイリオ<2602>やハウス食品<2810>、ソニー<6758>など主な3月の株主優待銘柄と優待内容を全16社紹介していますので、詳しくは3/3付の「Daily Outlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《SK》

 提供:フィスコ

日経平均