2760 東エレデバ 東証1 15:00
1,550円
前日比
-7 (-0.45%)
比較される銘柄: バイテックH萩原電気サンワテク
業績: 今期予想
卸売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
17.3 0.71 3.87 1.19

銘柄ニュース

戻る
2016年08月31日11時56分

<動意株・31日>(前引け)=アクロディア、アバールデータ、PCIホールディングス

 アクロディア<3823>=大幅高。同社は30日、トレーディング向けプラットフォームシステムを提供するスパークル(東京都港区)への出資を通じ、フィンテック市場に参入することを発表、これを材料視する買いを呼び込んでいる。スパークル社はネットを活用した情報サービスやITシステムの構築および運用・受託・コンサルティングなどを行っており、同社との資本提携に伴う業容拡大効果に期待が集まった。

 アバールデータ<6918>=ストップ高。同社は30日の取引終了後、東京エレクトロン デバイス<2760>と業務資本提携することを発表したことが好感された。両社が持つ半導体関連の技術を持ち寄ることで高付加価値製品の投入を迅速に行うことなどを目的としている。また、両社はともに同等金額(3000万円相当)の株式を持ち合う。アバールは東エレデバの発行済み株式数の0.19%の株式を保有するほか、東エレデバはアバールの同0.47%の株式を取得する。

 PCIホールディングス<3918>=急伸。同社は車載用組み込みソフトなどの受託開発を手掛け、増収増益基調を継続するなど業績は好調に推移している。今月23日に、9月12日付でマザーズからの市場変更を既に発表していたが、東証1部か2部かは公募増資の価格が決まる8月30~9月2日に決定するとされていた。東証は30日、同社の市場区分を東証1部に決定したことを発表、TOPIX連動型ファンドなどの買いが見込めることから、これを改めて好感する買いが流入している。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均