2743 ピクセルカンパニーズ JQ 15:00
252円
前日比
+2 (+0.80%)
比較される銘柄: ハイパーKTKTアルファ
業績: -
卸売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
1.46
決算発表予定日  2017/11/14

銘柄ニュース

戻る
2016年11月07日07時43分

前日に動いた銘柄 part2:トヨタ、タカタ、オウチーノ、サイバーダインなど


銘柄名<コード>⇒11月4日終値⇒前日比


ステラケミファ<4109> 3075 -345
好決算発表も好材料出尽し感が優勢に。

カシオ<6952> 1280 -107
4-9月期決算は市場想定を大きく下振れ着地に。

富士急行<9010> 1018 -97
通期営業利益は57.3億円から51億円に減額修正。

ミネベア<6479> 942 -73
ミツミ電機の業績悪化をマイナス視。

古野電気<6814> 713 -56
岩井コスモ証券では投資判断を格下げへ。

ミツミ電機<6767> 559 -39
通期営業損益は大幅赤字に下方修正。

マツダ<7261> 1570 -84
決算インパクト限定的も円高進行を嫌気。

日本ライフライン<7575> 5110 -310
上半期大幅増益決算発表も目先の出尽し感が先行か。

タカタ<7312> 337 -6
米国子会社は破産法で調整などと伝わっている。

日医工<4541> 1785 -98
上半期収益予想は想定以上の下方修正に。

三浦工業<6005> 1703 -117
もみ合い下放れで処分売りが優勢に。

コロワイド<7616> 1922 -114
上半期営業利益は55.5億円から25.6億円に下方修正。

LINE<3938> 3975 -220
決算発表後は処分売り圧力が続く。

宮地エンジ<3431> 166 -10
決算発表接近で換金売りも。

三菱UFJ<8306> 519.4 -14.7
トランプリスクの高まりなどでリスクオフの流れに。

ヤフー<4689> 420 +1
2日は決算評価で上昇も。

新生銀行<8303> 163 -2
決算はポジティブ視も地合いの悪化を嫌気。

トヨタ<7203> 5698 -240
為替の円高や中国販売の減少で。

パナソニック<6752> 977.2 -34.8
引き続き足元の業績伸び悩みをマイナス視へ。

伊藤忠<8001> 1360 +9.5
市場予想を上回る決算や自社株買い発表で。

JDI<6740> 189 -8
中国企業が有機EL投資を拡大と伝わり。

ファストリ<9983> 35510 -30
既存店減収率は前月と比べて縮小。

フライトHD<3753> 1300 +200
アップルペイ関連として引き続き関心か。

日本製罐<5905> 142 -17
上値達成感から利食い売り優勢に。

ジェイテック<2479> 254 +1
16年4-9月期の利益上振れを受けた物色が継続。

ピクセルCZ<2743> 324 +29
子会社がカジノ用ゲーミングマシンの販売契約締結。

白鳩<3192> 708 -76
小田急<9007>との資本業務提携を受けて急伸した反動。

ドリコム<3793> 1445 +110
「ダービースタリオン マスターズ」iOS版を配信開始。

Jストリーム<4308> 437 -43
信用規制実施中。ネット動画関連として急伸した反動。

オウチーノ<6084> 2002 +600
4日より制限値幅拡大も買い気配続く。

ブランジスタ<6176> 2780 +201
フジテレビなどと連携し新企画「神の間」立ち上げ。

サイバーダイン<7779> 1396 -97
年初来安値更新。直近安値割り込み処分売りも。

マルマン<7834> 179 -6
禁煙関連かつ低位株として引き続き関心高い。

太洋物産<9941> 136 -10
TPP関連の一角では利益確定売り優勢。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均