2735 ワッツ 東証1 15:00
1,024円
前日比
+3 (+0.29%)
比較される銘柄: キャンドゥセリア音通
業績: 今期予想
小売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
15.2 1.50 1.46 0.69
決算発表予定日  2017/01/13

銘柄ニュース

戻る
2015年10月22日07時26分

ワッツ---国内で100円ショップ1000店舗達成


ワッツ<2735>は、国内で100円ショップ「Watts(ワッツ)」「meets.(ミーツ)」「silk(シルク)」等を展開している。前15年8月末時点における店舗数は直営が958店舗、FCその他が50店舗の計1008店舗。実生活雑貨を中心にお買い得感のある商品群を、プライベートブランド「ワッツセレクト」として開発・販売も手掛けている。その他、ナチュラル雑貨販売の「Buona vita(ブォーナ・ビィータ)」も運営。海外では、東南アジアを中心に「KOMONOYA(こものや)」、中国では「小物家園(こものかえん)」という均一ショップを展開している。社名の由来は“おもしろいことを「ワッ」とやろう!”。

前2015年8月期決算は、売上高が前年同期比2.0増の444.62億円、営業利益が同29.5%減の12.57億円、経常利益が同29.8%減の12.63億円、四半期純利益が同26.1%減の7億円だった。基幹事業の国内100円ショップは前期中に直営で50店舗純増、FCその他が1店舗純減。出店やその他の業容拡大も計画通りに進んだが、仕入原価の上昇や人件費などコスト増の影響で減益での着地になった。

2016年8月期通期については、売上高が前期比3.7%増の461億円、営業利益が同8.1%増の13.6億円、経常利益が同8.4%増の13.7億円、純利益が同24.1%増の8.7億円を見込んでいる。ローコストでの出退店とローコスト・オペレーションで積み上げた収益を商品開発に投入する方針は堅持しつつ、おしゃれな生活を提案する新たな店舗フォーマットの展開も図っている。コスト管理の徹底も進め、増益への転換を目指す。

今後は、国内ではナチュラル雑貨販売の「Buona vita(ブォーナ・ビィータ)」やナチュラルエレガント雑貨の輸入卸事業「AMANO」など100円ショップ事業以外の成長に期待がかかっている。海外事業の拡大にも注力しており、2016年8月期にはタイで33店舗、マレーシア8店舗、中国11店舗、ペルー5店舗、ベトナム10店舗の計画である。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均