2733 あらた 東証1 15:00
2,494円
前日比
+21 (+0.85%)
比較される銘柄: 中山福ハリマ共和ドウシシャ
業績: 今期予想
卸売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
9.3 0.64 2.61 1.62

銘柄ニュース

戻る
2015年12月14日16時06分

あらた Research Memo(3):取引先メーカーからの新製品情報を社内情報システムで一元管理


■会社概要

(3)同社の強み

あらた<2733>の強みとして、「中間流通業が持つサプライチェーン全体を網羅する情報蓄積」「蓄積された情報を活用した店頭提案と小売業を支える在庫の効率化」「ローコストで高精度な物流機能」が挙げられる。

○中間流通業が持つサプライチェーン全体を網羅する情報蓄積
同社は約4.5万店舗から日々集まる商品別の売上情報や在庫量、約1,300社からなる取引先メーカーからの新製品情報などを社内の情報システムで一元管理し、中間的な立ち位置から、双方にとって有用な情報を迅速に発信することを実現している。広域に張り巡らされたネットワークによって日々集まる膨大な情報量は、顧客店頭において消費者ニーズを満足させる売り場を作り上げていくための最大の強みとなっている。

○蓄積された情報を利用した店頭提案と小売業を支える在庫の効率化
顧客となる小売店舗にとっての目標は、「売上の拡大」であり、そのためには「売れる売り場づくり」が必要となる。同社では全国に配置されている約1,000名の営業担当者がPDCA活動を行うことで、その実現を支援している。

Plan(企画・提案)では52週提案や、3ヶ月先行提案、棚割りの提案などをPOSデータ等活用しながら実施している。Do(店頭の演出・販促)では、次世代型の店頭演出や消費者にとって楽しく見やすい売り場づくりを行う。次世代型の店頭演出とは、地域のマス広告によるメーカーの販促施策と、店頭での販促活動を連動させた売り場づくりのことで、顧客店舗における販促効果の最大化を目指している。マスメディア広告との連携においては関連会社の電通リテールマーケティングと連携して行っており、同業他社にはない同社の特徴と言える。Check(店頭チェック)では、決まった担当者が、決まった日に、決まった店舗に訪問する「定期・定人・定店」が同社のコンセプトとなっており、顧客との信頼関係構築をより強固なものとしている。最後のAction(報告・共有)では、営業担当者が顧客店舗を訪問した際の情報を逐次、社内情報システムに入力し、全体で情報の共有を図ることができる「店頭ナビ」というシステムを有している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均