2676 高千穂交易 東証1 15:00
1,014円
前日比
+16 (+1.60%)
比較される銘柄: マクニカ富士PALTEKイノテック
業績: 今期予想
卸売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
31.6 0.70 2.37 0.40
決算発表予定日  2017/05/10

銘柄ニュース

戻る
決算短信PDF

高千穂交易 <2676>【連結】

2017年03月17日16時00分

高千穂交易、今期経常を13%下方修正

 高千穂交易 <2676> が3月17日大引け後(16:00)に業績修正を発表。17年3月期の連結経常利益を従来予想の8億円→7億円(前期は4.1億円)に12.5%下方修正し、増益率が95.1%増→70.7%増に縮小する見通しとなった。

 会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益も従来予想の6億円→5億円(前年同期は2.3億円)に16.6%減額し、増益率が2.6倍→2.2倍に縮小する計算になる。

株探ニュース

会社側からの【修正の理由】
  平成29年3月期通期連結業績予想につきましては、売上高は堅調な入退室管理やクラウド型無線LANシステム、キャリア向けディスプレイセキュリティシステムの大型案件などによる増収効果もありましたが、中国等の世界的なATM市場の不振やRFID案件長期化の継続等から、前回予想を下回る見込みとなりました。 営業利益、経常利益並びに親会社株主に帰属する当期純利益は、販»続く

業績予想の修正
今下期【修正】
決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 1株益 1株配 発表日
  旧 16.10-03 11,500 674 604 323 34.59 12 16/11/04
  新 16.10-03 10,220 374 504 223 23.88 12 17/03/17
修正率 -11.1 -44.5 -16.6 -31.0 -31.0   (%)
今期【修正】
決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 1株益 1株配 発表日
  旧  2017.03 20,280 800 800 400 42.84 24 16/10/21
  新  2017.03 19,000 500 700 300 32.13 24 17/03/17
修正率 -6.3 -37.5 -12.5 -25.0 -25.0   (%)
※単位:売上高、営業益、経常益、最終益…「百万円」。1株益、1株配は「円」。率は「%」
※最新予想と従来予想との比較
今期の業績予想
今下期【予想】
決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 1株益 1株配 発表日
    15.10-03 9,578 194 234 118 12.4 12 16/05/11
  予 16.10-03 10,220 374 504 223 23.9 12 17/03/17
前年同期比 +6.7 +92.8 2.2倍 +89.0 +92.7   (%)
今期【予想】
決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 1株益 1株配 発表日
     2015.03 18,809 688 865 589 60.1 24 15/05/08
     2016.03 19,986 436 410 103 10.8 24 16/05/11
  予  2017.03 19,000 500 700 300 32.1 24 17/03/17
前期比 -4.9 +14.7 +70.7 2.9倍 3.0倍   (%)
※最新予想と前期実績との比較。予想欄「-」は会社側が未発表。
※上記の業績表について
  • ・「連」:日本会計基準[連結決算]、「単」:日本会計基準[非連結決算(単独決算)]、「U」:米国会計基準、「I」:国際会計基準(IFRS)、「予」:予想業績、「旧」:修正前の予想業績、「新」:修正後の予想業績、「実」:実績業績、「変」:決算期変更
  • ・[連結/非連結]決算区分の変更があった場合は、連続的に業績推移を追えるように、連結と非連結を混在して表示しています。連結と非連結が混在しない場合は、「連」「単」表記は省略します。
  • ・前期比および前年同期比は、会計基準や決算期間が異なる場合は比較できないため、「-」で表記しています。
  • ・米国会計基準と国際会計基準では、「経常益」欄の数値は「税引き前利益」を表記しています。
  • ・業績予想がレンジで開示された場合は中央値を表記しています。

【注意】「決算速報」「個別銘柄の決算ページ」で配信する最新の業績情報は、東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)において、上場企業が公表する決算短信と同時に配信されたその企業自身の作成によるXBRL(企業の財務情報を電子開示するための世界標準言語)に基づいたデータをそのまま使用しています。また、業績予想がレンジで開示された場合はレンジの中央値を予想値として採用しています。なお、この配信されたデータには、新興企業を中心に誤ったデータが配信される場合が希にあります。投資判断の参考にされる場合は、より正確な決算短信のPDFファイルを併せてご確認くださいますようお願いします。

日経平均