2651 ローソン 東証1 15:00
7,950円
前日比
-50 (-0.63%)
比較される銘柄: セブン&アイユニファミマイオン
業績: 今期予想
小売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
22.4 2.93 3.14 5.37
決算発表予定日  2017/01/11

銘柄ニュース

戻る
2016年07月13日07時45分

前日に動いた銘柄 part2:NEC、三菱重工業、モブキャスなど


銘柄名<コード>⇒7月12日終値⇒前日比


大和証券<8601> 579.4 +37.5
連日の日経平均の大幅上昇で証券株に関心が向かう。

NEC<6701> 272 +18
シティグループ証券では買い推奨に格上げ。

TYO<4358> 174 -14
AOIProとの経営統合で11日に急伸の反動。

レンゴー<3941> 681 -28
為替相場の円安反転で戻り売り優勢にも。

ローソン<2651> 7840 -410
第1四半期の減益決算を嫌気。

日医工<4541> 1974 -118
大型買収発表で負担増を警戒視。

森永乳業<2264> 727 -27
ディフェンシブの一角でリバランスの売り対象にも。

ファミリーマート<8028> 6090 -180
岡三証券では投資判断を格下げへ。

ユニーグループ<8270> 834 -31
ファミリーマートの株価下落に連れ安へ。

三菱UFJ<8306> 472.6 +26.1
リスクオンの流れ強まりメガバンクに買い。

野村HLDG<8604> 387.1 +13.4
株式相場の上昇を反映する動きにも。

三菱重工業<7011> 442.9 +11.9
欧州企業からMRJを受注で。

マツダ<7261> 1376.5 +83.5
為替相場の円安反転などストレートに好感。

三井不<8801> 2281.5 +120.5
不動産株にも政策期待が波及へ。

DeNA<2432> 2712 +146
任天堂の株価上昇が刺激に。

ドコモ<9437> 2832 -9
ディフェンシブ性から関心向かわず。

コメ兵<2780> 1147 +150
地合いの改善で押し目買いの動き強まるか。

JESCO<1434> 431 -55
第3四半期は2ケタの減益決算になり。

ソフトフロント<2321> 337 -25
Oak<3113>の売却続く。25日線をやや下回る水準で攻防。

ウェッジHD<2388> 347 +79
子会社を通じインドネシアでDigital Finance事業開始。

アウンコンサル<2459> 390 +80
16年5月期営業利益は従来予想上振れの見込み。

内外テック<3374> 638 +100
3日連続のストップ高。東エレク<8035>の高評価が期待材料。

モブキャス<3664> 920 +132
スマホゲーム「【18】キミトツナガルパズル」中国展開決定。

ITBOOK<3742> 430 +80
マイナンバー関連にも政策期待か。

モバファク<3912> 3290 +503
位置情報ゲームを手掛け「Pokemon GO」好調が刺激材料に。

SOSEI<4565> 17270 -280
主力バイオ株が上値重くマザーズ指数は伸び悩む。

日本ラッド<4736> 1600 +131
12日より信用規制解除。

ぱど<4833> 438 +70
年初来高値更新。短期資金の流入続く。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均