2588 プレミアムW 東証2 12:35
1,841円
前日比
+45 (+2.51%)
比較される銘柄: 伊藤園サントリBFDyDo
業績: 今期予想
食料品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
4,975 17.80
決算発表予定日  2018/11/08

銘柄ニュース

戻る
2018年06月25日16時23分

Pウォーター Research Memo(4):5年後(23/3期)に保有契約件数147万件、営業利益30億円目指す


■成長戦略、トピック

1. 中期経営計画を発表
プレミアムウォーターホールディングス<2588>は、2019年3月期に始まり、2023年3月期を最終年度とする5ケ年の中期経営計画を発表した。2023年3月期の売上高は54,000百万円であり、5年間の年平均成長率は14.3%と安定成長を予想する。2023年3月期の営業利益は3,000百万円、売上高営業利益率は5.6%まで上がっていく予想だ。同社のビジネスモデルである「投資回収型ストックビジネスモデル」において、2019年3月期からは黒字転換し、それ以降は黒字が漸増するステージに入る。

2017年5月に発表された中期経営計画からの変更点としては、売上高及び利益の達成が約1年遅れることとなった。これは昨今の物流費の値上げがどこまでいくのかが見通せないためである。

2. 成長戦略実現のための取組み
同社は、ビジネスモデル成立に不可欠な4つの重要経営指標である、1)新規顧客獲得件数、2)解約率、3)獲得コスト、4)ストック単価、を適切にコントロールすることにより成長を実現してきた。新規顧客獲得件数、1)に関しては、アライアンスやOEM、販売店などの他力活用も積極的に行う。解約率低減、2)に関しては、決済手段や顧客満足度向上策を強化する。特にスマホアプリとEC、ポイント制度により顧客満足度を向上させる取組みの成果が注目される。獲得コスト、3)に関しては、どのチャネル・手段からの獲得コストが有利かを絶えず把握しながら意思決定がなされる。4つの指標に関する仮説と検証を繰り返しながら、同社のビジネスモデルは日々進化している。


■株主還元策
同社は、成長のための投資を優先するため、2019年3月期に配当を行う予定はない。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)

《TN》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均