2588 プレミアムW 東証2 15:00
1,225円
前日比
-23 (-1.84%)
比較される銘柄: 伊藤園サントリBFDyDo
業績: 今期予想
食料品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
3,310 11.86

銘柄ニュース

戻る
2017年01月17日16時15分

Pウォーター Research Memo(2):天然水の宅配で急成長、7月の経営統合で次のステージへ


■会社概要

(1)沿革

プレミアムウォーターホールディングス<2588>は2006年、宅配水ビジネスの成長性に注目したリヴァンプの玉塚元一氏(現ローソン代表取締役CEO)、機関投資家の藤野英人氏(現取締役)、日本テクノロジーベンチャーパートナーズ代表の村口和孝氏(現取締役)の3人が中心となって設立された(旧社名:ウォーターダイレクト)。創業当初からSPA型※の経営を志向しており、ウォーターサーバーの自社設計から、製造、販売、顧客へのアフターサービスまで自社で完結することで、顧客ニーズを迅速に把握し、商品開発や販売方法に活かす戦略を採ってきた。2007年に家電量販店の(株)ヨドバシカメラでデモンストレーション販売(以下、デモ販売)を開始したのを皮切りに、全国的に大手小売店でのデモ販売を展開し顧客件数も順調に拡大してきた。2009年9月期に黒字化を達成、以降も成長を続け2013年に東証マザーズ上場、2014年には東証2部に昇格している。2016年7月に同じ光通信<9435>のグループであるエフエルシーと経営統合し、プレミアムウォーターホールディングスとして再スタートを切った。

※SPA型:商品企画から製造、販売までを垂直統合させることでSCMの無駄を省き、消費者ニーズに迅速に対応できるビジネスモデルのことで「Speciality store retailer of Private label Apparel」の頭文字を採った造語

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均