2464 ブレクスルー 東証1 09:00
414円
前日比
-6 (-1.43%)
比較される銘柄: TACインソースチエル
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
18.6 1.30 1.93 122

銘柄ニュース

戻る
2015年09月03日14時44分

ビジネス・ブレーク・スルー---今期のけん引役はインターナショナルスクール事業


ラジオNIKKEI マーケットプレスの『フィスコ presents 注目企業分析』8月10日放送において、ビジネス・ブレーク・スルー<2464>を取り上げている。主な内容は以下の通り。


■事業概要
ビジネス・ブレーク・スルー<2464>は経営コンサルタントで現代表取締役社長の大前研一(おおまえけんいち) 氏が、「世界で活躍するグローバルリーダーの育成」を目的として、1998 年4 月に設立した教育サービス会社である。主に社会人を対象として、BBT 大学/大学院やオープンカレッジなど遠隔型のマネジメント教育サービスを中心に事業展開しており、教育のコンテンツはすべて自社で企画・制作していることが特長となっている。

また、2013 年10 月に幼・小・中・高の一貫校である「アオバジャパン・インターナショナルスクール」を運営するアオバや、14 年11 月には現代幼児基礎教育開発をそれぞれ子会社化するなど、教育サービスの領域を1 歳の幼児から社会人にまで一気に広げ、「生涯教育プラットフォーム」の構築を進めている。

■セグメント
事業セグメントは、マネジメント教育サービス事業、経営コンテンツメディアサービス事業、インターナショナルスクール事業と、その他(書籍の印税収入、賃貸収益、新規事業等) に区分している。2015 年3 月期の売上構成比を見ると、マネジメント教育サービスが69.0% を占め、次いでインターナショナルスクールが23.0%、経営コンテンツメディアサービスが7.1% となっている。一方、営業利益の構成比としてはマネジメント教育サービスが86.7%、経営コンテンツメディアサービスが42.0%、インターナショナルスクールが15.4%、その他が▲ 21.0% となっている。

主力サービスは、BBT 大学/大学院、オープンカレッジと法人向け人材教育・研修サービスである。また、インターネット等を活用する遠隔教育ではなく、実際に教室で講師と対面する集合型の教育サービスとして向研会(経営者向け勉強会) や企業研修、インターナショナルスクール、インターナショナル・プリスクール(保育園) などがあり、さらに遠隔と集合を組み合わせたブレンド型教育サービスとしてアタッカーズ・ビジネススクールとリーダーシップ・アクションプログラムがある。その他は全て遠隔型の教育サービスである。

遠隔教育サービスの事業の流れを簡単に説明すると、まず、コンテンツの制作に関しては、時代のニーズに合致したテーマをコンテンツ会議で決定し、そのテーマに最適な講師を選んで自社の制作スタジオで年間約1,000 時間の新規コンテンツの開発を行っている。講師陣は、大前研一氏を始めとした著名経営コンサルタントや大学の教授、企業経営者などに依頼している。

現在、同社のコンテンツライブリーは約10,000 時間のコンテンツを蓄積しており、インターネットや衛星放送、あるいはDVD 等で受講者に配信されている。講義内容の質問やそれに対する回答、あるいは受講生同士のディスカッション、試験やサポートなどはすべて同社が開発した遠隔教育プラットフォーム「AirCampus」を介して行われる。

■遠隔型教育サービスの特徴
まず、第1 の強みとしては約10,000 時間と国内最大級のコンテンツ量を蓄積しており、ビジネススクールの教育サービスとしては、コンテンツの内容も含めて群を抜いているという点が挙げられる。なお、コンテンツの制作コストに関しても、本社内に自社スタジオを2 つ有することにより、低コスト化を実現している。

第2 の強みとしては、自社開発した遠隔教育システム「AirCampus」にある。同システムは、映像による講義を視聴したかどうかを認証する視聴認証システム(日米でビジネスモデル特許取得)、理解度を確認するテスト、修了レポート等の提出、成績管理を含めた履修状況を管理する履修管理システム、さらにはクライアントベースで実装されるディスカッション機能、掲示板機能等、E ラーニングに必要な機能を網羅的に有している。また、使用デバイスもPC だけでなく、スマートフォンやタブレット端末にも対応し、いつでもどこにいても受講できる事が特長である。

第3 の強みとしては、過去の実績によって蓄積された教務ノウハウにある。同社は2001年にオーストラリアのボンド大学と提携し、共同プログラムを運営するなど、既にMBA プログラムでは15 年以上のノウハウを蓄積している。「Bond-BBT MBA」「BBT 大学大学院」の卒業生は1,500 人超、在校生は約800 名と、国内では最大級の規模であり、遠隔型のビジネススクールとしては他の追随を許さない。2014 年にはBBT 大学が、第11 回日本e-Learning 大賞の厚生労働大臣賞を受賞する等、オンライン型の教育サービス企業として高い評価を受けている。

また、起業家を養成する「アタッカーズ・ビジネススクール」の修了生には、後に株式上場を果たすミクシィやケンコーコム、アイスタイルなどの創業者を輩出しているほか、スタートアップ起業家支援プロジェクト「背中をポンと押すファンド(SPOF)」を通じて、ニュービジネスにチャレンジする起業家に対して、資金的に後押しすることも行っている(BBT 修了生が対象、1 件当たり最高200 万円、出資比率20% 未満)。2015 年3 月期においてもSPOF を通じて、5 社のベンチャー企業に出資を行っている。

■2016 年3 月期の業績見通しに関して
2016 年3 月期の連結業績は、売上高が前期比19.5% 増の4,496 百万円、営業利益が同18.0% 増の321 百万円、経常利益が同10.3% 増の311 百万円と2 ケタ増収増益を計画している。当期純利益は、前期に繰延税金資産の計上を行った反動で同5.1% 減の205 百万円となるが、業績は引き続き好調に推移する見通しだ。けん引役となるのはインターナショナルスクール事業で、アオバの生徒数増加に伴い一段の収益拡大が見込まれるほか、「JCQ バイリンガル幼児園」の業績に関しても、子会社化後の最初の年度となる今期は、通期での寄与が見込まれる。

なお、31日に発表した2016年3月期第1四半期決算は、売上高が前年同期比23.5%増の11.13億円、営業利益が同73.1%増の1.62億円、経常利益が同63.0%増の1.61億円、四半期純利益が同185.8%増の1.16億円だった。

営業利益は既に上期計画1.25億円を超過。ビジネス・ブレークスルー大学は、認知度向上に伴い在学生数及び受講科目数が増加した。法人向け教育サービスも、大型案件を想定より前倒しで継続受注するなど堅調に推移した。また、インターナショナルスクール事業の損益改善も利益増に寄与した。


ラジオNIKKEI マーケットプレス
『フィスコ presents 注目企業分析』毎週月・木曜14:30~14:45放送

《TM》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均