2459 アウンコンサルティング 東証2 15:00
315円
前日比
-1 (-0.32%)
比較される銘柄: DACHDインタスペスVコマース
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
94.6 3.41
決算発表予定日  2017/01/11

銘柄ニュース

戻る
2016年08月01日07時43分

アウンコンサルティング---多言語案件の需要拡大、17年5月期は2ケタの営業増益見込む。


アウンコンサルティング<2459>は、SEM(検索エンジンマーケティング)を軸としたグローバルマーケティング事業を展開。企業の海外進出支援サイトの運営や世界64カ国語対応の翻訳サービスも。15年6月にフィリピン法人を開設しアセット事業を開始。

17年5月期は売上高が前期比8.9%増の20.27億円、営業利益が同40.5%増の0.30億円、純利益が同24.2%増の0.25億円を計画。収益性の高い多言語案件の需要拡大により2ケタの営業増益を見込む。訪日旅行客の増加及び日本企業の外国人向けプロモーション需要の高まりが追い風。

同社は、中長期的に「グローバルコンサルティングカンパニー」を目指す。SEM領域の各種サービスの世界展開を加速させるほか、多言語でのマーケティング支援及び海外進出支援を強力に推進。M&A等にも柔軟に対応し、企業価値の最大化を図る考えだ。

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均