2411 ゲンダイエージェンシー JQ 15:00
551円
前日比
+10 (+1.85%)
比較される銘柄: コムシードユークスJALCO
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
11.8 1.62 4.54 6.96

銘柄ニュース

戻る
2016年07月15日15時53分

ゲンダイAGが中間期業績予想を上方修正、受注の減少を最小限に食い止め売上高が増加

 ゲンダイエージェンシー<2411>は15日引け後、17年3月期第2四半期累計の連結業績予想を上方修正した。売上高は70億円から76億円(前年同期比8.4%減)へ、営業利益は4億円から5億円(同3.7%減)へ引き上げられた。

 第1四半期のパチンコホール広告市場について、期初時点でパチンコホールの収益性悪化でコストダウンの圧力が強まる結果、経常的な広告需要が減少するうえ、5月の伊勢志摩サミット開催に関連し全国のパチンコホールでの新台入替自粛により、単月の入替広告需要も大幅に減少すると予想していたものの、新規大手顧客の開拓やインターネットメディアの拡販、パチンコホール業界以外の異業種向けプリンティング事業の営業強化などに精力的に取り組んだ結果、受注の減少を最小限に食い止めたことから売上高が増加する。

 このほか、主に広告事業で売上高の増加に伴うマージンの増加が利益を押し上げる。通期の見通しは、8月末及び12月末を期限に「検定機と性能が異なる可能性のある遊戯機」の撤去が予定されているため、広告需要の将来予測が著しく困難であるとみて、従来予想が据え置かれた。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均