2405 FUJIKOH 東証2 15:00
502円
前日比
0 (0.00%)
比較される銘柄: タケエイアミタHDリファインV
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
10.3 1.05 2.39 924

銘柄ニュース

戻る
2015年09月29日17時18分

フジコー Research Memo(4):「廃棄物処分業としてのバイオマス発電」など6つが同社の強み


■企業特長

フジコー<2405>の特長及び強みは以下の6つに集約できる。

・許可品目が多いこと
廃棄物処理の許可は品目ごとに必要となるが、同社は産業廃棄物21品目中13品目の許可を得ている。

廃棄物処理を委託する側は、許可品目の多い同社にまとめて依頼できる点で利便性が高く、同社の強みとなっている。

・多様な取扱廃棄物
同社は建設系廃棄物からスタートしたが、建設業界の景気変動による影響を受けやすいことから、食品工場、製造業、飲食業など多様な廃棄物の受入拡大を進めるとともに、取引先の分散化も進めることで業績の安定を図っている。

・創業時から社会的に意義のある事業活動
「住まいと環境を守る」を経営理念として、害虫駆除からリサイクル事業、自然エネルギーへの展開など、創業時から社会的貢献度の高い事業を展開してきた。

・最新鋭の処理施設と技術を導入
破砕、焼却、熱分解、乾式メタン発電、バイオマス発電など、最新鋭の処理施設と技術の導入により、他社との差別化を図るとともに、その技術やノウハウを生かすことにより、新たな事業機会創出を可能としている。

・食品リサイクル事業のパイオニア
同社は、首都圏の事業者の中で、最初に食品リサイクル事業へ参入したパイオニアである。市町村のゴミ処理施設という強力なライバルに比べて、料金がやや高い上に、ゴミの分別をしなければならないことから、当初数年間は廃棄物が集まらずに苦戦したものの、次第に環境意識の高まり等から取引先が増え始め、先行者メリットを享受する状況になってきた。また、食品リサイクル事業における堆肥化、飼料化、養豚事業は、今後ますます重要性が高まっていく農業との連携を深め、農業ビジネスへの参入等、事業拡大の機会も秘めている。

・廃棄物処分業としてのバイオマス発電
廃棄物処分業者の中でバイオマス発電を手掛けている業者は少ない。発電施設を併設すると建設コストが倍以上かかるため、それが参入障壁となっている。同社の思い切った決断と着実に業績を伸ばしてきた遂行能力の高さが、今や重要な収益源となる事業にまで育ってきた要因と言えよう。また、そこで培ってきたノウハウは、今後、バイオマス発電を軸とした成長戦略の中で存分に生かすことができると考えられる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均