2397 DNAチップ研究所 東証2 15:00
581円
前日比
+1 (+0.17%)
比較される銘柄: タカラバイオトランスGファルコHD
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
5.78

銘柄ニュース

戻る
2016年07月20日10時04分

DNA研が急反発、関節リウマチに対する新検査サービス「リウマチェック3」を開始

 DNAチップ研究所<2397>が急反発。この日の朝方、関節リウマチに対する新しい検査サービス「リウマチェック3」を、きょうから開始すると発表しており、業績への寄与を期待した買いが入っている。

 同検査は、投与前の1回の血液検査で3種類の生物学的抗リウマチ薬(抗ヒトTNFαモノクローナル抗体製剤インフリキシマブ、抗IL-6受容体抗体トシリズマブ、T細胞選択的共刺激調節剤アバタセプト)の投与半年後の薬剤効果を、RNAチェック技術を用いて予測する検査。関節リウマチの患者へより適した薬の処方を補助するもので、個別化医療に貢献することが期待されているという。なお、同サービス開始に伴う17年3月期業績への影響は軽微としている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均