2353 日本駐車場開発 東証1 15:00
157円
前日比
-6 (-3.68%)
比較される銘柄: エリアリンクパーク24パラカ
業績: 今期予想
不動産業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
25.2 8.68 2.39 15.61
決算New!  2016/12/02 発表

銘柄ニュース

戻る
2015年09月04日11時00分

日本スキー場開発が急反落、決算通過による材料出尽くし感が指摘される

 日本スキー場開発<6040>が急反落。売り気配で始まり、9時12分に5070円で寄り付くと、その後も売られる展開。安いところでは前日比960円安の4600円まで売り込まれる場面があった。
 同社は3日引け後、15年7月期連結決算を発表。売上高は前年比19.8%増の58億8200万円に、営業利益は同24.9%増の9億500万円となった。
 会社側では、「各スキー場において販売単価の改善が奏功し、新たに加わっためいほうスキー場が貢献した」と報告。グリーンシーズンに関しては、「宿泊施設を保有する鹿島槍スポーツヴィレッジにおいて、子供向けのサマーキャンプの大型合宿を新規に受注し、スポーツ合宿の受注が増加した」とコメント。
 市場では、決算発表通過による材料出尽くし感が指摘され、同社の親会社である日本駐車場開発<2353>も同様の理由から大幅安となっている。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均