2331 綜合警備保障 東証1 15:00
4,470円
前日比
-60 (-1.32%)
比較される銘柄: セコムCSPソフトバンク
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
20.4 2.41 1.23 7.71

銘柄ニュース

戻る
2016年06月22日12時34分

ALSOK、国内大手証券は今回の株価の大幅下落は投資の好機との見解

 ALSOK<2331>が3日ぶりに反落。現在はやや下げ幅を縮小している。

 SMBC日興証券では投資評価「1」(アウトパフォーム)を継続し、目標株価は6400円から5900円へ引き下げている。リポートによると、営業利益予想を17年3月期:360億円→328億円(前期比13%増、会社計画:328億円)、18年3月期:420億円→385億円(同17%増)に引き下げている。予想引下げの主因は退職給付債務の増加に伴う費用増を反映させたものだが、セキュリティ事業の契約件数予想も16年3月期実績を踏まえて若干引き下げている。ただ、17年3月期会社計画については、売上高は意欲的な印象を受けるものの、営業利益についてはコスト抑制等により達成可能とみている。

 決算発表後、6月21日時点で同社の株価はTOPIXを22%もアンダーパフォームしているものの、同社に対する評価ポイントに変化はなく、今回の株価の大幅下落は投資の好機との見解を示している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均