貸借
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)と売建(信用売り)の両方ができる銘柄
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
シミックHDの【株価予想】【業績予想】を見る

2309シミックHD

東証1
1,347円
前日比
+5
+0.37%
比較される銘柄
HMT, 
EPS, 
アイロムG
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
1.06 18.30
時価総額 255億円
決算発表予定日

銘柄ニュース

戻る

利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第2弾 31社選出 <成長株特集>

 本特集では、4月下旬から5月中旬までの決算集中期間に随時配信した「利益成長“青天井"銘柄リスト」を、“全期間”を対象に再構成した総集編をお届けします。

 今回は2日に配信した時価総額800億円以上の銘柄を対象とした【第1弾】に続き、時価総額200億円以上800億円未満の銘柄を対象に、19年1-3月期に四半期ベースの過去最高益を更新し、かつ通期計画も最高益を見込む、いわゆる利益が“青天井”状況になっている銘柄をリストアップした。

 下表では、本決算月にかかわらず、直近3ヵ月実績の1-3月期に経常利益が全四半期ベースで過去最高益を5%超上回って更新した銘柄をピックアップ。さらに、会社側が今期(通期計画)も過去最高益見通しを示している31社を選び出し、1-3月期経常利益の過去最高益に対する上振れ率が大きい順に記した。

 上振れ率トップとなった電算システム <3630> の1-3月期(第1四半期)経常利益は7.8億円と過去最高を46.4%も上回って着地。情報サービス事業でオークション業務システムや地方公共団体向け業務システム、クラウド関連などの案件が大きく伸びたほか、ギフト処理や請求書作成代行といったアウトソーシング業務の受注も好調だった。第1四半期実績の上期計画に対する進捗率は93.9%と高水準で業績上振れが確実視される状況だ。また、同社はコンビニ決済を軸とする収納代行サービスで、LINE Payや楽天銀行アプリなどスマートフォンを活用した新サービスを次々に投入しており、キャッシュレス関連としても大きな注目を集める。

 2位のブレインパッド <3655> は主力のアナリティクス事業で大型案件や長期案件が増えたうえ、効率的なプロジェクト管理を進めたことで採算も改善し、1-3月期(第3四半期)経常利益は3四半期連続の最高益を達成した。併せて、19年6月期の業績を大幅に上方修正し、経常利益は前期比93.0%増の11.5億円に拡大する見通しとなった。3位のメンバーズ <2130> は主力のデジタルマーケティング支援で新規顧客が拡大したほか、IT人材不足を背景にデジタル人材派遣も好調だった。

 5位のカナミックネットワーク <3939> は利益率の高い医療介護クラウドの契約が伸びたことに加え、ネット広告配信サービスも好調で、1-3月期(第2四半期)は4四半期ぶりに経常最高益を更新した。6位のグレイステクノロジー <6541> は膨大なマニュアルを電子化し、クラウド上で管理・制作する「e-manual」の導入企業が増加し、1-3月期(第4四半期)の経常利益は過去最高を38.4%上回る2.3億円に膨らんだ。

 9位のエフ・ジェー・ネクスト <8935> は主力の投資用マンションとファミリーマンションの販売がともに増勢で、1-3月期(第4四半期)は12年ぶりに経常利益ベースの過去最高益を塗り替えた。続く10位のエラン <6099> は高齢化が進むなか、病院や介護施設の利用者に衣類・タオルのレンタルと日用品を提供する「CSセット」の契約施設数が増加し、1-3月期(第1四半期)は売上高、経常利益ともに過去最高を記録した。

 11位にリストアップされたイーレックス <9517> の1-3月期(第4四半期)は主力の電力小売事業で新規パートナーと販売先の開拓を進め、高圧分野、低圧分野ともに販売電力量を伸ばした。また、電源調達コストが安定化したことも利益拡大につながった。併せて発表した20年3月期の経常利益は前期比67.3%増の71.8億円に拡大する見通しだ。

 選出リストは情報・通信やサービス業を中心とする内需関連が大半を占めた。そうした中、23位のエスケーエレクトロニクス <6677> [JQ]は製造業で唯一のリスト入りとなった。直近3ヵ月の1-3月期(第2四半期)は中国向けに利益率の高い大型パネル用フォトマスクの販売が大きく伸びた。上期業績の好調を踏まえ、19年9月期の経常利益予想を大幅上方修正している。株価は決算発表翌日にストップ高に買われ年初来高値に急浮上したが、その後は地合いが悪い全体相場のなかで調整局面にある。ただ、指標面では予想PER5.0倍と割安感が強く、株価水準の訂正余地は大きいとみられる。

           ┌─ 四半期 経常利益 ─┐ ┌── 通期 経常利益 ──┐ 予想
コード 銘柄名     上振れ率 1-3月期 過去最高 上振れ率 今期予想 過去最高  PER
<3630> 電算システム   46.4   783   535    7.6   1850  1720  30.0
<3655> ブレインP    45.6   409   281   93.0   1150   596  59.1
<2130> メンバーズ    41.2   442   313   28.7   1246   968  29.8
<4792> 山田コンサル   39.4  1542   1106    4.2   3000  2880  18.6
<3939> カナミックN   38.7   172   124   15.8   440   380  122
<6541> グレイス     38.4   238   172   30.5   748   573  74.3
<2749> JPHD     31.1   953   727   19.8   2300  1920  20.0
<3835> eBASE    29.6   622   480    6.1   1200  1131  29.3
<8935> FJネクスト   26.5  4913   3883    9.1  11000  10087  4.5
<6099> エラン      22.9   435   354   11.5   1430  1282  57.3

<9517> イーレックス   20.9  1749   1447   58.3   7189  4540  16.6
<8275> フォーバル    20.2  1414   1176    2.8   3400  3308  11.0
<3097> 物語コーポ    19.0  1500   1261   13.8   4400  3865  18.8
<4326> インテージH   18.5  1961   1655    2.5   4500  4392  13.2
<8117> 中央自      18.4  1466   1238    7.2   5100  4758  9.1
<4801> セントラルS   17.3  1333   1136   10.4   4400  3985  12.7
<4925> ハーバー研    17.1  1259   1075    2.3   3170  3100  14.8
<1879> 新日本建     17.1  5350   4567    1.1  14700  14542  5.5
<3183> ウインP     15.2  1066   925    1.1   3300  3264  13.5
<2309> シミックHD   13.9  1800   1580    2.7   4170  4061  18.6

<9450> ファイバーG   13.1   337   298   67.3   853   510  63.4
<3901> Mラインズ    12.3   228   203   20.3   890   740  39.5
<6677> エスケーエレ   12.0  2236   1996   24.0   5700  4595  5.0
<8771> イー・ギャラ   11.1   710   639    7.8   2750  2552  25.9
<3687> Fスターズ    10.5   400   362   10.1   1225  1113  75.9
<3085> ALサービス    9.2  1232   1128    8.8   4500  4135  23.1
<3916> DIT       9.1   384   352   34.8   1065   790  38.1
<3457> ハウスドゥ     7.1   767   716   57.2   3000  1908  13.4
<9739> NSW       6.1  1074   1012    3.9   3540  3407  16.1
<4659> エイジス      5.8  1624   1535    5.8   4051  3828  9.8

<6194> アトラエ      5.3   237   225    4.7   690   659  91.5

※ 2018年4月以降に上場した企業と今期見通しを開示していない企業は除いた。四半期の過去最高益は原則、四半期決算の開示が本格化した03年4-6月期以降の業績に基づいたものです。

株探ニュース

日経平均