貸借
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)と売建(信用売り)の両方ができる銘柄
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
寿スピリッツの【株価予想】【業績予想】を見る

2222寿スピリッツ

東証1
4,820円
前日比
-260
-5.12%
比較される銘柄
森永, 
不二家, 
ブルボン
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
8.00 0.63
時価総額 1,500億円
決算発表予定日

銘柄ニュース

戻る

前日に動いた銘柄 part2 富士通、SREHD、Jストリームなど


銘柄名<コード>31日終値⇒前日比
DTS<9682> 2020 -416
第1四半期の2割営業減益を嫌気。

電算システム<3630> 4150 -700
業績上方修正も市場予想は下回る水準。

日鉄ソリューションズ<2327> 2756 -399
上半期業績計画は下方修正へ。

パナソニック<6752> 900 -138
今期業績見通しは市場予想を下回る水準に。

イー・ギャランティ<8771> 2371 -401
立会外分売の実施による需給悪化を懸念。

日清紡HD<3105> 627 -107
通期業績予想を下方修正している。

寿スピリッツ<2222> 3145 -455
第1四半期経常赤字決算をネガティブ視。

日本エスコン<8892> 689 -98
累進的配当政策を見直しへ。

TOWA<6315> 1219 -125
半導体製造装置の一角が大幅安となっており。

コニカミノルタ<4902> 278 -31
第1四半期赤字幅は市場予想を大幅に下振れ。

ディー・エル・イー<3686> 470 -52
30日急反発受けて戻り売り。

オルトプラス<3672> 434 -51
30日急伸受けて戻り売り圧力強まる。

シンクロ・フード<3963> 286 -23
東京都が飲食店などへの営業時間短縮要請へ。

マンダム<4917> 1527 -199
通期業績計画は市場想定を大幅下振れ。

ビーグリー<3981> 2165 -159
30日にかけての一段高で利食い売りが優勢。

小松製作所<6301> 2066 -194
今期の業績回復度合いは市場想定を下回る。

OLC<4661> 12670-190
決算インパクト限定的もコロナ感染者数拡大を懸念視。

富士通<6702> 14120 +110
第1四半期営業益はコンセンサスを大きく上振れ。

日アビオ<6946> 1802 -480
第1四半期経常赤字決算をネガティブ視。

キーウェア<3799> 768 -150
第1四半期赤字拡大をマイナス視。

アルメディオ<7859> 183 -24
もみ合い下放れで見切り売りが優勢。

富士通フロンテック<6945> 1539 -157
富士通が実施するTOB価格にサヤ寄せの動き。

ショクブン<9969> 346 -21
30日にかけて急伸の反動で利食い売り。

クシム<2345> 1054 -68
週末要因で信用買い方の見切り売りか。

ドリコム<3793> 707 +84
第1四半期の好調な着地に加え、上期予想の営業利益9億円見込みも評価。

SREHD<2980> 2737 +230
21年3月期の営業利益を6.80億円から8.31億円に上方修正。

Aiming<3911> 886 -33
第3四半期の営業損益予想は10.01億円の黒字(前年同期は6.66億円の赤字)へ。

Jストリーム<4308> 3175 +211
非開示だった21年3月期の営業利益見通しは9億円に。

プロパティデータバンク<4389> 1537+300
第1四半期の営業利益の大幅な増加を好感。
野村総研と不動産投資顧問業務のDX推進に向けた協業発表も追い風。

ツクルバ<2978> 900 +150
丸井グループとの資本業務提携に関する基本契約書の締結を材料視。

セプテーニ・ホールディングス<4293> 240 +49
20年9月期のNon-GAAP営業利益を従来予想の12.50億円から20.00億円に上方修正。

プロルート丸光<8256> 350 +27
短期資金の関心向かう。

アンジェス<4563> 1437 +57
上期の営業損失が17.66億円(前年同期は17.09億円)だったと発表。

PSS<7707> 1966 +330
8月3日の全自動PCR検査装置とPCR試薬販売開始を控えて改めて物色活発化。

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均