2191 テラ JQ 15:00
595円
前日比
-15 (-2.46%)
比較される銘柄: メディネット新日本科学アイロムG
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
8.58 19.29

銘柄ニュース

戻る
2015年09月24日16時14分

テラ Research Memo(8):膵臓がんで薬事承認がとれれば、その他のがん種へ適用領域を拡大


■成長戦略

(1)樹状細胞ワクチンの承認取得

売上高目標15,000百万円のうち、医薬品事業関連の売上高は約半分程度を想定している。前述したように、まずは膵臓がんを対象とした薬事承認取得を目指している。膵臓がんは早期発見が難しく治療が困難で死亡率も高いため、ニーズが最も高いとみられるためだ。

国立がん研究センターの予測では、国内において膵臓がんで亡くなる患者数は直近の年間2.9万人から、2020年には3.5万人を超えると予測されている。このうち、約1割程度の症例にテラ<2191>の樹状細胞ワクチン療法が利用されることを想定している。また、膵臓がんでの薬事承認が取れれば、その他のがん種へ適用領域を段階的に拡大していくことも視野に入れている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均