2180 サニーサイドアップ JQG 14:34
924円
前日比
+5 (+0.54%)
比較される銘柄: 電通博報堂DYベクトル
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
28.0 2.52 2.16

銘柄ニュース

戻る
2016年08月18日09時27分

サニーサイドが急反落、17年6月期大幅減益見通しを嫌気

 サニーサイドアップ<2180>が急反落している。17日の取引終了後に発表した17年6月期の連結業績予想が、売上高140億3200万円(前期比4.8%増)、営業利益1億7400万円(同60.9%減)、純利益1億2100万円(前期2億1600万円の赤字)と大幅減益を見込むことが嫌気されている。

 bills事業が、国内出店を背景に着実な成長が見込まれることから増収を確保するものの、マーケティング・コミュニケーション事業で人的投資を継続することによる費用負担増や、SP&MD事業で大型販促キャンペーンが前期急拡大した反動が見込まれることなどで減益を余儀なくされるとしている。

 なお、16年6月期決算は、売上高133億9300万円(前の期比12.2%増)、営業損益4億4700万円の黒字(前の期8800万円の赤字)、最終損益2億1600万円の赤字(前の期3億3000万円の赤字)だった。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均