2169 CDS 東証1 15:00
1,405円
前日比
+51 (+3.77%)
比較される銘柄: 富士ソフトツナグSFIG
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
13.0 1.81 3.13 23.76

銘柄ニュース

戻る
2018年08月13日12時33分

CDSは大幅反発、18年12月期配当予想を4円増額

 CDS<2169>は大幅反発している。10日の取引終了後、従来中間・期末各20円を予定していた18年12月期の配当予想について、中間・期末各22円にすると発表しており、これを好材料視した買いが入っている。年間配当は44円(従来予想40円)で、前期実績に比べて4円の増配になる予定だ。

 同時に発表した第2四半期累計(1~6月)連結決算は、売上高43億円(前年同期比2.5%増)、営業利益5億6800万円(同1.4%減)、純利益3億7500万円(同3.5%減)だった。技術システム事業で顧客のIT投資計画の遅延があったことが響いたとしている。

 なお、18年12月期通期業績予想は、売上高90億2500万円(前期比6.2%増)、営業利益11億9500万円(同13.5%増)、純利益7億3700万円(同10.0%増)の従来見通しを据え置いている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均