2160 ジーエヌアイグループ 東証M 15:00
175円
前日比
-4 (-2.23%)
比較される銘柄: オンコセラピタカラバイオアンジェス
業績: 今期予想
医薬品
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
6.11 72.65

銘柄ニュース

戻る
2015年08月26日09時52分

GNIが急反発、主要創薬候補物「F573」が中国で2つ目の特許査定を受領

 ジーエヌアイグループ<2160>が急反発し、一時、前日比19円(9.8%)高の212円まで買われる場面があった。25日の取引終了後、中国で急性肝不全および慢性肝不全急性化の治療薬として開発している主要創薬候補物の一つ「F573」について、中国における2つ目の用途に関する特許査定を受領したと発表しており、これを好感した買いが入っている。
 今回の特許査定は、内毒素などに起因する特定の肝疾患の予防に関する用途特許で、また、生存率を高めるためにF573を使用する特許を含むものという。会社側では15年12月期業績に与える影響はないとしているが、知的財産強化につながるとの見方から買いが入っているようだ。

GNIの株価は9時48分現在204円(△11円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均