2158 FRONTEO 東証M 15:00
1,127円
前日比
-15 (-1.31%)
比較される銘柄: インテージHソフバンテクチェンジ
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
142 10.38 0.27 781

銘柄ニュース

戻る
2018年06月15日09時29分

FRONTEOが急反発、AIビジネス領域拡大で上昇トレンド続く

 FRONTEO<2158>が急反発。株価は5月中旬を境に上げ足を加速、13週移動平均線は990円近辺にあり、足もと上方カイ離は25%超に広がっている。同社は米国を中心に訴訟支援ビジネスを手掛けるが、人工知能(AI)技術を使ったビッグデータ分析事業を強みとしており、AIエンジン「KIBIT」を活用した案件を数多く獲得している。今週13日には特許調査・分析システム「KIBIT Patent Explorer」の機能を追加し、顧客の特許関連データを暗号化することで解析作業時の機密性を高める「データ暗号化サービス」の提供を開始したことも発表、同分野のサービス領域を広げている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均