2158 FRONTEO 東証M 15:00
751円
前日比
+35 (+4.89%)
比較される銘柄: チェンジソフバンテクインテージH
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
7.63

銘柄ニュース

戻る
2017年02月16日09時26分

FRONTEOが3日ぶり反発、メール監視システムが台湾のグローバル海運企業に採用

 FRONTEO<2158>が3日ぶりに反発している。15日の取引終了後、同社が独自に開発した人工知能(AI)によるEメール自動監査システム「Lit i View EMAIL AUDITOR(リットアイビュー・イーメールオーディター)」が、台湾の海運企業エバーグリーン・マリン(長栄海運)に導入されたと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 エバーグリーンは、グローバルで展開する世界有数のコンテナ運送会社で、世界各国の競争法に関するコンプライアンス体制を整備している。「EMAIL AUDITOR」は、コーポレート・ガバナンスに関する規制監視に加えて、不正行為の中でも特に詐欺行為や贈収賄、競合他社による悪質な引き抜き、機密情報の漏えいを特定して、重要な企業資産を保護することが可能なことから、台湾の半導体メーカーやICデザインハウス、システムインテグレーター、パネルメーカーなどに納入実績があり、これが今回の採用につながったようだ。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均