2152 幼児活動研究会 JQ 14:54
1,061円
前日比
+10 (+0.95%)
比較される銘柄: サクセスHDグローバルGJPHD
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
7.8 1.21 0.94

銘柄ニュース

戻る
2016年08月01日11時08分

JPホールディングス、グローバルグループなど買われる、“子育て関連”に政策恩恵期待

 JPホールディングス<2749>が朝安からプラス圏に切り返しているほか、グローバルグループ<6189>が急伸、幼児活動研究会<2152>も上昇するなど“子育て関連株”の一角が人気を集めている。

 都知事選は小池百合子氏が大勝を果たし都知事に就任することで、氏が重視する待機児童解消に向けた政策の遂行が期待される。また、政府はあす8月2日に経済対策の閣議決定を行うが、全体の事業規模は28兆円強と高水準に膨らみ、景気刺激効果が期待される状況。そのうち追加的財政支出で賄われる真水の部分(6兆円規模)では保育、介護施設の拡充が主要項目のひとつに掲げられており、その恩恵を受ける銘柄群に買いの矛先が向かっている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均