2152 幼児活動研究会 JQ 14:54
1,061円
前日比
+10 (+0.95%)
比較される銘柄: サクセスHDグローバルGJPHD
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
7.8 1.21 0.94

銘柄ニュース

戻る
2015年11月27日09時42分

JPHD、幼児活動研究会など動意、保育施設整備に政策的追い風

 JPホールディングス<2749>が3日ぶり反発、11月初旬に300円割れまで下押したが、その後は戻り足を強め26週移動平均線を上に抜けてきた。
 「政府は26日、安倍晋三首相が掲げた『一億総活躍社会』実現への緊急対策を決めた。育児や介護にかかわる人が仕事をやめずに両立できるよう、計100万人分の保育・介護施設の整備を打ち出した」と27日付の日本経済新聞が1面で報じており、これが買いを誘発した。安倍首相が掲げる「新3本の矢」では出生率を1.8まで高めることが謳われているが、待機児童解消に向けた取り組みに、政府が本腰を入れる構えにあることが育児関連銘柄には強い追い風として意識されている。そのなか、JPHDは首都圏中心に認可・認証保育所を幅広く展開しており、その関連有力銘柄に目されている。また、幼児教育関連として幼稚体育指導を手掛ける幼児活動研究会<2152>が一時64円高の924円まで急伸、幼稚園向けの音楽や教育サービスに参入する学研ホールディングス<9470>などにも買いが先行している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均