2146 UTグループ JQ 15:00
880円
前日比
-43 (-4.66%)
比較される銘柄: ワールドHDnmsパソナG
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
19.2 7.09

銘柄ニュース

戻る
2016年07月15日16時15分

UTグループ Research Memo(2):製造派遣事業を主力事業にエンジニア派遣事業も手掛ける


■UTグループ<2146>の事業の内容

(1)グループ会社の状況

同社グループは、純粋持株会社としてグループ会社を統括する同社と、連結子会社6社等で構成される。

(2)事業内容

手掛ける事業は、製造派遣事業とエンジニア派遣事業の2事業であるが、財務会計上はアウトソーシング事業の単一セグメントとして開示。2016年3月期の事業別売上構成比(内部消去前事業別利益構成比)は製造派遣事業が87.1%(90.9%)、エンジニア派遣事業12.9%(9.1%)。なお、エンジニア派遣事業は、設計技術者派遣(全売上高に占める割合6.1%)、建設技術者派遣(同3.8%)、ソフトウェア開発技術者派遣(同3.0%)の3つに分かれる。

a)製造派遣事業
国内大手製造業を中心に構内作業業務の正社員派遣・請負を行う。個別派遣ではなく受託した業務において経験のある社員が組織化して指揮命令系統を確立し、業務単位で業務を遂行する形態である工程一括型請負が主体。なお、同社では受託した業務を遂行する社員を技術職社員と呼んでおり、その雇用形態は全国に転勤を伴う正社員(全体の約7割)と契約社員に分かれる。

主要ユーザー業種は半導体、エレクトロニクス、環境エネルギー、自動車、建設建材業界などの製造業企業で、主要顧客はソニーグループ、パナソニックグループ、東芝<6502>グループなど。連結子会社のUTエイム(株)とUTパベック(株)が業務を行う。2016年3月末時点の取引工場数は456(15年3月期末438工場)、技術職社員数は10,022人(同8,597人)で、顧客業種別の売上構成比は、半導体・電子部品分野50.6%、環境・エネルギー分野20.0%、自動車関連分野15.7%、住宅分野5.9%、その他7.8% となっている。

b)エンジニア派遣事業
ソフトウェア受託開発、機械・電気・電子の設計開発(3次元CADを使った設計業務など)、建設エンジニアの労働者派遣事業などを行っている。ソフトウェア開発関連事業はUTテクノロジー(株)とUTシステムが、機械・電気・電子の設計開発の労働者派遣をUTテクノロジーが行う。また、建設エンジニアの労働者派遣事業はUTコンストラクション(株)が手掛ける。ソフトウェア開発、機械・電気・電子の設計開発の労働者派遣事業の主要顧客は大手電機メーカー。建設エンジニアの労働者派遣事業の顧客はスーパーゼネコンを中心とする大手建設会社などとなっている。2016年3月末時点の技術者数は904人(2015年3月期末702人)。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 森本 展正 )

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均